会則

第 1 条(名称)
本会は日本山の科学会(Japan Society of Mountain Science)と称する。

第 2 条(目的) 本会は「山」に関する科学研究を進展させ、会員相互の学術交流を図ることを目的とする。

第 3 条(事業) 前条の目的を果たすために、本会は次の事業を行う。 1.総会ならびに研究大会の開催 2.講演会・討論会の開催 3.「山」の科学研究に関する会誌の発行 4.その他、「山」の科学研究の進歩のために必要な事業

第 4 条(会員) 1.本会会員(正会員、学生会員、賛助会員)は、本会の目的、趣旨に賛同する個人または団体とする。 2.会員は別に定める額を会費として納付しなければならない。

第 5 条(会員総会) 1.会員総会はすべての会員をもって構成する。 2.会員総会の定足数及び決議に必要な数は別に定める。 3.会員総会は、次の事項について議決する。

(1)事業計画及び収支予算 (2)事業報告及び収支決算 (3)会長、副会長及び幹事長の選任又は解任 (4)会則の変更 (5)その他会員総会で決議すべき事項

4.会員総会は、会長が招集する。
会員の 10 分の 1 以上の要請があるときは、臨時総会を開催しなければならない。

第 6 条(役員)
本会に次の役員をおく。
1.会長 1名
2.副会長 1名
3.幹事 若干名(幹事長 1 名を含む) 4.監事 1名

第 7 条(役員の職務)
1.会長は本会を代表する。
2.副会長は会長を補佐する。 3.幹事長は会務を統率し、幹事会を招集して議長を勤める。 4.幹事は会務を遂行する。 5.監事は事業及び会計を監査する。

第 8 条(役員の選任)
会長、副会長、幹事長及び監事は、会員の互選による。 幹事は、会長、副会長及び幹事長の協議により選任し、会員総会で承認を得る。

第 9 条(役員の任期)
役員の任期は 2 年とし、再任を妨げない。ただし、3 期連続して就任できない。

第 10 条(役員の解任) 会長、副会長、幹事長、監事は、会員総会の決議により解任することができる。 幹事は、会長、副会長及び幹事長の協議により解任することができ、会員総会で承認を得る。

第 11 条(事業年度)
本会の事業年度は、毎年 4 月 1 日に始まり、翌年 3 月 31 日に終わる。

第 12 条(会則の変更) この会則は、会員総会の決議によって変更することができる。

附則
年会費は、正会員は 2,000 円、学生会員は 1,000 円、賛助会員は一口 10,000 円とする。 当分の間、総会における定足数及び決議に必要な数は定めない。

2017 年 12 月 9 日


日本山の科学会 役員(2017-2018年度)

会長:鈴木啓助(信州大学)
副会長:水野一晴(京都大学)
幹事長:苅谷愛彦(専修大学)
監事:東城幸治(信州大学)

幹事[庶務・会計]:佐々木明彦(信州大学)
幹事[広報]:小熊宏之(国立環境研究所)
幹事[渉外]:田中健太(筑波大学)
幹事[編集]:奈良間千之(新潟大学)
幹事[事業]:小森次郎(帝京平成大学)