日本山の科学会2019年 秋季研究大会

日本山の科学会2019年秋季研究大会(川崎)のお知らせ(第3報)

2019 年 秋季研究大会 一般研究発表・公開ミニシンポジウム・要旨集 はこちら(PDF 5MB)

期日 2019年10月26日(土)・27日(日)

会場 専修大学サテライトキャンパス(小田急線向ヶ丘遊園駅北口徒歩1分;神奈川県川崎市)

https://www.senshu-u.ac.jp/social/satellite/

日程 10 月26 日(土)

10:25~12:00 研究発表(※受付開始時刻 10時)

12:00~12:30 総会

13:30~15:00 研究発表

15:10~17:35 公開ミニシンポジウム「山の科学―人と自然」

(※受付開始時刻 14時45分)

<サブテーマ1> 日本の山における自然環境とその利用

15:10~15:15 開会挨拶

15:15~15:40 飯田義彦(金沢大)「山林資源の利用史からみる山村文化の創造-用材と木地を生んだ里山の針広混交林-」

15:40~16:05 松尾容孝(専修大)「コモンズとしての現代林野の模索-利用と保全を併進する林野共同体-」

<サブテーマ2> 欧州の山における自然環境とその利用

16:10~16:35 横山秀司(九州産業大名誉教授)「東アルプスの山岳景観-景観生態学の視点から-」

16:35~17:00 山本 充(専修大)「オーストリアの山岳チロルにおける景観の変容」

17:00~17:35 総合討論

17:35~17:40 閉会挨拶

一般研究発表プログラム

・会場:専修大学サテライトキャンパス

・ポスター発表のコアタイム:

ポスターナンバー 奇数 10 時30 分~12 時00 分

ポスターナンバー 偶数 13 時30 分~15 時00 分

※一般研究発表は全てポスター発表形式で行われます。

1 佐々木明彦(国士舘大),西村基志(信州大),鈴木啓助(信州大):北アルプス乗鞍火山の高山帯における気温・地温状況

2 小山紗莉(信州大),西村基志(信州大),黒雲勇希(信州大),鈴木啓助(信州大):上高地における冷気湖形成とその気象条件

3 西村基志(信州大),佐々木明彦(国士舘大),鈴木啓助(信州大):雪面熱収支に影響を及ぼす冬期降雨の地域特性

4 上原元樹(信州大),佐々木明彦(国士舘大),鈴木啓助(信州大):乗鞍・上高地における降水の局地性

5 渡邉茜(千葉大),服部祥平(東京工業大),吉田尚弘(東京工業大),竹内望(千葉大):山形県月山の樹林帯の融雪期の積雪表面に含まれる硝酸の起源

6桂川 司(信州大),山中 勤(筑波大),佐々木明彦(国士舘大),黒雲勇希(信州大),西村基志(信州大),清水啓紀(信州大),鈴木啓助(信州大):中部山岳地域における降水安定同位体比の時空間変動

7 長幡嘉健(信州大),榊原厚一(信州大),鈴木啓助(信州大):上高地湧水における環境トレーサーの時間変化特性の解明

8 黒雲勇希(信州大),佐々木明彦(国士舘大),鈴木啓助(信州大):上高地の冷気湖形成に及ぼす新雪の影響

9 井手玲子(国立環境研),小熊宏之(国立環境研),岡本遼太郎(筑波大):定点カメラを用いた立山における消雪の時空間変動の検出と地形因子との関係解析

10有江賢志朗(新潟大),奈良間千之(新潟大),福井幸太郎(立山カルデラ砂防博),飯田肇(立山カルデラ砂防博):飛騨山脈北部における氷河と多年性雪渓の質量収支

11 栗林正俊(長野県環境保全研), 浜田崇(長野県環境保全研):中部山岳域における積雪期間の観測とモデリングの課題

12 奈良間千之(新潟大),有江賢志朗(新潟大),水野一晴(京都大):ケニア山とキリマンジャロの氷河の質量収支

13 永井 信(JAMSTEC): 流域における桜の開花季節

14田村梓(信州大),小熊宏之(国立環境研),藤本稜真(信州大),栗林正俊(長野県環境保全研),牧田直樹(信州大):飯綱山カラマツ林における葉と細根のフェノロジー

15 岡本聖矢(信州大), 東城幸治(信州大):標高傾度に沿ったモンカゲロウ Ephemera 属昆虫の分布と外部要因との関係について

16 島津 弘(立正大):ニューカレドニアにおける山地河川の土砂移動と山の環境

17栗本享宥(専修大),苅谷愛彦(専修大),目代邦康(東北学院大),山田隆二(防災研),木村誇(防災研),佐野雅規(早稲田大),對馬あかね(気象研),李貞(名古屋大),中塚 武(名古屋大):岐阜県郡上市水沢上の大規模地すべりと1586 年天正地震との関係

18 杉山博崇(新潟大),奈良間 千之(新潟大),井上 公(防災科研) :白馬大雪渓周辺における近年の岩盤斜面の地形変化

19 木村恵樹(専修大),苅谷愛彦(専修大):天守山地北部,山梨県身延町栃代における大規模マスムーブメント地形

20 福井幸太郎(立山カルデラ砂防博),金田平太郎(千葉大):飛騨山脈,立山カルデラ室堂山周辺の重力断層

21 苅谷愛彦(専修大),高岡貞夫(専修大),齋藤めぐみ(国立科博),小塚朋子(日さく):梓川右岸分水界上の「西穂池」における線状凹地埋積物の層序と年代

22 小森次郎(帝京平成大),佐久間理江(福島県視覚支援学校):山岳研究教育への3D プリンター利用の効果と課題

日本山の科学会2018年秋季研究大会(松本)の報告

『日本山の科学会2018年秋季研究大会(松本)』(信州山の環境研究センター・信州大学理学部 共催)が,2018年10月27日(土)に信州大学理学部において開催された。午前に行われた研究発表は43件で,51名の参加があった。今大会での研究発表はすべてポスター形式で行われ,発表の半数をそれぞれ1時間のコアタイムで実施した。大学院生や学部生の発表も多く,活発な議論が交わされた。また学生優秀発表賞2件,若手優秀発表賞1件を選出し,表彰した。これについては別記報告を参照されたい。

午後には,一般公開シンポジウム『日本アルプスの自然環境―わかってきたことと,これから』が,一般参加者40名を含む計91名の参加により開催された。日本アルプスの自然環境に関する雪氷,植物生態,昆虫生態,火山および環境保全の5件の講演が行われ,総合討論ではフロアからたくさんの質問が寄せられ,活発な討論が交わされた。

秋季研究大会に併せて,昼には日本山の科学会の総会が開催された。また,夕方にはホテル・モンターニュ松本において研究交流会が催され,会員の親睦,交流が深まった。
(報告 佐々木明彦)

研究発表大会の様子
研究発表大会後の記念写真撮影
一般公開シンポジウムの様子

日本山の科学会2018年春季研究大会の報告

JpGU 2018が開催されました(5月22日)

日本地球惑星科学連合2018年大会(JpGU 2018)において,「日本山の科学会」2018年春季研究大会を兼ねるセッション『山岳地域の自然環境変動(M-GI25)』が開催されました。
口頭とポスターをあわせて36件の発表がありました(うち招待講演8件)。会場には常時40~50名の聴衆があり,発表者との間で活発な議論が交わされました。
セッション終了後には,会場を移して,意見交換会を開催しました。