日本山の科学会2019年 秋季研究大会

日本山の科学会2019年秋季研究大会(川崎)のお知らせ(第2報)

大会パンフレットはこちら(PDF 745KB)

1.期日 2019年10月26日(土)・27日(日)
2.会場 専修大学サテライトキャンパス(小田急線向ヶ丘遊園駅北口徒歩1分;神奈川県川崎市)
https://www.senshu-u.ac.jp/social/satellite/

3.日程 10月26日(土)
10:25~12:00 研究発表(※受付開始時刻 10時)
12:00~12:30 総会
13:30~15:00 研究発表

15:10~17:35 公開ミニシンポジウム「山の科学―人と自然」
(※受付開始時刻 14時45分)
<サブテーマ1> 日本の山における自然環境とその利用
15:10~15:15 開会挨拶
15:15~15:40 飯田義彦(金沢大)「山林資源の利用史からみる山村文化の創造
-用材と木地を生んだ里山の針広混交林-」
15:40~16:05 松尾容孝(専修大)「コモンズとしての現代林野の模索
-利用と保全を併進する林野共同体-」

<サブテーマ2> 欧州の山における自然環境とその利用
16:10~16:35 横山秀司(九州産業大名誉教授)「東アルプスの山岳景観
-景観生態学の視点から-」
16:35~17:00 山本 充(専修大)「オーストリアの山岳チロルにおける景観の変容」

17:00~17:35 総合討論
17:35~17:40 閉会挨拶

18:00~20:00 研究交流会(ちゃすけ 向ヶ丘遊園駅北口改札前)

※各事項は予定時間であり、発表申込状況により変更の可能性があります。

10月27日(日)
9:00~12:30 現地討論会 「山の科学で観る多摩の横山」

4.研究発表
研究発表はポスター発表のみとなります。発表者はコアタイムにポスターの前で説明をして下さい。1件につき縦180 cm横90 cmの掲示スペースを用意します。ポスターの上部には,発表題目・発表者名・所属を表示して下さい。発表番号札,若手・学生優秀発表賞の選考対象の表示は事務局が行います。ポスターを固定するピンなどは会場に用意したものを使用して下さい。
研究発表に参加されるかたは,一般2,000円,大学院生1,000円の参加費が必要です(学部生は無料)。

5.公開ミニシンポジウム 『山の科学 -人と自然』
開催時間:15:10~17:40  参加は無料です(14時45分受け付け開始)

6.研究交流会
日時:10月26日(土)18:00~20:00
会場:ちゃすけ(向ヶ丘遊園北口改札前)
会費:5,000円(学部生・大学院生は3,000円の予定)

7.現地討論会 「山の科学で観る多摩の横山」
日時:10月27日(日)9:00~12:30
多摩丘陵の地形・地質や生物,都市公園のありかたについて解説し,討論します。

案内者:磯谷達宏(国士舘大)・小森次郎(帝京平成大)
参加定員:20名(申し込み先着順)
参加費:600円 (保険代を別途400円いただきます)
集合:向ヶ丘遊園駅 (生田緑地で解散)

8.申し込み方法
研究発表・参加登録期間:参加,発表等の申し込み 8月19日(月)~9月6日(金)
予稿集原稿の提出:8月25日(日)~9月22日(日)
参加費などの払い込み期間:9月9日(月)~10月18日(金)

・研究発表・参加登録の方法
研究発表希望者,研究交流会参加希望者,現地討論会参加希望者のみなさまは,次のURLにアクセスし,必要事項を入力し,送信してください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdmshO9wcxieCTgEH07f55MTmoFmtR9eksQq3dyvpidKSgTqA/viewform

・予稿原稿の作成と送付
予稿集の原稿は以下の予稿集作成フォームをダウンロードして作成してください。

予稿集作成フォーム(Word 24KB)

・予稿原稿の送付
予稿原稿は期日内に jasms.jp@gmail.com まで送付してください。

※参加費などは事前に振り込んでください。
振り込み先は学会ホームページ http://jasms.org/ で後日ご案内いたします。

9.お問い合わせ先 日本山の科学会事務局 (メールアドレス:inf@jasms.sakura.ne.jp)

日本山の科学会2018年秋季研究大会(松本)の報告

『日本山の科学会2018年秋季研究大会(松本)』(信州山の環境研究センター・信州大学理学部 共催)が,2018年10月27日(土)に信州大学理学部において開催された。午前に行われた研究発表は43件で,51名の参加があった。今大会での研究発表はすべてポスター形式で行われ,発表の半数をそれぞれ1時間のコアタイムで実施した。大学院生や学部生の発表も多く,活発な議論が交わされた。また学生優秀発表賞2件,若手優秀発表賞1件を選出し,表彰した。これについては別記報告を参照されたい。

午後には,一般公開シンポジウム『日本アルプスの自然環境―わかってきたことと,これから』が,一般参加者40名を含む計91名の参加により開催された。日本アルプスの自然環境に関する雪氷,植物生態,昆虫生態,火山および環境保全の5件の講演が行われ,総合討論ではフロアからたくさんの質問が寄せられ,活発な討論が交わされた。

秋季研究大会に併せて,昼には日本山の科学会の総会が開催された。また,夕方にはホテル・モンターニュ松本において研究交流会が催され,会員の親睦,交流が深まった。
(報告 佐々木明彦)

研究発表大会の様子
研究発表大会後の記念写真撮影
一般公開シンポジウムの様子

日本山の科学会2018年春季研究大会の報告

JpGU 2018が開催されました(5月22日)

日本地球惑星科学連合2018年大会(JpGU 2018)において,「日本山の科学会」2018年春季研究大会を兼ねるセッション『山岳地域の自然環境変動(M-GI25)』が開催されました。
口頭とポスターをあわせて36件の発表がありました(うち招待講演8件)。会場には常時40~50名の聴衆があり,発表者との間で活発な議論が交わされました。
セッション終了後には,会場を移して,意見交換会を開催しました。